司法書士費用

費 用(すべてに別途実費がかかります)

※費用の詳細は個別にお問い合わせください。

@ 民事訴訟・少額訴訟・民事調停の訴訟代理(債務整理関係業務を除く)

   ○1事件 55,000円から110,000円
   ※訴訟物の価格が低額の場合には報酬額は別途考慮

A 支払督促の申立代理

   ○1事件 33,000円
   ※通常事件に移行した場合は22,000円を加算
   ※期日が3回以上の場合には55,000円の範囲で報酬を加算

 
B 訴状や答弁書、準備書面、強制執行、家事調停など裁判書類の作成
   ○1事件 11,000円から55,000円
   ※事案によって費用がかわります

C 債務整理関係業務

   ○任意整理   1社  33,000円

   ○自己破産申立 1件 132,000円

   過払金返還  回収額11%(着手金1社11,000円)

D 法律相談業務

   ○初回     無料

   ○2回目以降  1時間以内 5,500円

費用の事例

例1 建物明け渡しの訴訟を提起して強制執行の申し立てをした場合
    ○民事訴訟の訴訟代理  110,000円(最大)
    ○強制執行の申立手続   55,000円
     合計         165,000円(最大)

例2 交通物損事故の損害賠償請求の訴訟を提起して訴訟上の和解をした場合

    ○民事訴訟の訴訟代理  110,000円(最大)
     合計         110,000円(最大)

例3 滞納賃料請求の民事調停を申し立てた場合

    ○民事調停の申立代理   55,000円
     合計          55,000円

例4 自己破産の申立ての書類を作成した場合

    ○自己破産申立書作成  132,000円
     合計         132,000円

例5 債権者5社の任意整理をして分割弁済の和解をした場合

    ○任意整理5件      165,000円
     合計         165,000円

例6 過払金回収の訴訟を提起した場合で

    A社 過払金回収額   300,000円
    B社 過払金回収額   200,000円
    C社 過払金回収額   500,000円
    合計100万円を回収したとして
    ○過払金回収3件    143,000円
     合計         143,000円

※事務所の経営を維持しつつ,低額な費用での法的サービスを提供するため,他の業務を優先する場合がありますので,あらかじめご了承ください。